新米管理職が書き綴る人事労務の仕事の毎日

管理職・マネージャーになりたて、あるいはこれから管理職を目指そうという方に向けて、現役管理職のわたしが経験談を中心に参考になる話をします。

「軸にしています」は使うな!面接でよく聞くフレーズの分析

「??を軸にして、やってきました」

 

 

 

採用面接、特に新卒(大卒)の面接でよく聞くフレーズです。

いつ頃だったか、このフレーズをよく聞くようになりました。

 

率直に申し上げて、この言葉を聞くと気持ち悪くなります。

なぜなら、この言葉を使う応募者、高い確率で「採用したいと思えない」場合があるというのと、軸という言葉を応募者がしゃべる場面が説得力を感じない、ということです。

 

そんなことを昔から感じていたところ、最近、こんな記事を読みました。

 

 

内定する人の共通点 | LinkedIn

 

 

リンク先では、応募者のしゃべる「軸」ではなく、面接官側が感じる評価として「この応募者には軸を感じる」を紹介されてます。

 

面接官側が「この応募者にはぶれない軸を感じる」は、とてもよく理解できる現象です。

このような応募者に、いつも出会いたいと思うものです。

 

が、応募者が「わたしは??という軸を大事に学生生活を送ってきました」には違和感を感じます。

これがひとりだったらまだ気にならなかったかもしれませんが、これがある頃から多くの学生から聞くようになりました。

 

もしかして、就活指南の本やインフルエンサーの教えなのかな?

 

そんなことを思ったのでした。

 

 

就活生は、自分で「軸」という単語は使わないほうがいい。

軸は、面接官が感じるものだから。

 

面接での会話、言葉の勉強をする前に、自分探しをしたほうがいい。

 

 

 

ミイダスは良いと思うよ。

 

 

これからは定番になる、就職活動に必要な自己分析ツール「ミイダス」

転職活動されてる方々、お疲れさまです。

みなさんに参考になるだろう、と思うことを、採用担当者としてお伝えしたいと思います。

 

 

昨日、とある場所でアルバイトしてる高校生から

「これから採用面接受けるんですけど、コツなんてありますか?」

と相談を受けました。

 

 

最低限の練習は必要かもしれない。

でも、採用を仕事にしている面接官は練習してるかしてないかは気にならない(むしろ必要以上の練習は邪魔)。

面接から感じ取る「あなたらしさ」が面接官(の所属する会社、組織)にフィットするか否かを感じ取ってるだけ。

 

 

 

という話をしました。

 

全員とは言わないまでも、多くの面接官がそのように思っているはずです。

 

でも、何も練習しない、事前準備は必要ないと言われても気になりますよね。

でしたら、おすすめするのは自己分析です。

 

受験する企業、組織(以下、企業等)を事前に調べますよね。

だったら、それと同じくらいに、自分自身がどんな人間かを調べるのが重要です。

じゃあ、どんな方法があるでしょうか。

 

 

わたしは、ミイダスをオススメします。

 

 

オススメする理由は、以下のとおり。

 

コンピテンシー診断という無料のツールがあります。職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、 ビジネスマンとしてのコンピテンシー(行動特性)を調べることができます。

わたし自身がミイダスに登録し、自己分析をやりました。びっくりするほど当たっていました。

 

 

自分自身が、受験しようとする企業等とフィットするのか否か、とても大事なことです。

受験に合格したとしても、その企業で仕事をしていけるのか、転職される方にはとても重要だと思うのです。

 

これは、決して自分を企業等に合わせる必要がある、ということではありません。

自然な、いつもの自分がその職場に合うのか否かをあらかじめ知っておくことがとても有用だからです。

 

わたしが就職活動をする際、このツールがあったら、社会人生活がさらに充実していただろうなあ、と思います。

(まあ、結果的にはわたしが入社した会社は良い会社で、わたしにフィットする場所でしたけど。)

 

一方、採用する側としていつも思うのは、中途採用した社員が退職するときです。

企業側の労務管理に落ち度があったかもしれないのは間違いはないのですが、多くは社員側のキャラクターが合わなかったということが多いんです。ほんとに。

 

 

 

コンピテンシー診断は無料です。やらない理由はありません。

パーソナリティ診断、バイアス診断ゲーム(リリースは8/1)というのもあります。どれも有用です。

 

ただ、唯一のデメリットはあります。それは、企業からのオファーがたくさん届くということ。

面接を受けようとしている企業等が決まっている方にとっては、うざいでしょう。

(企業等の探索中の方にとっては有用でしょうが。)

 

 

 

 

 

昇格試験、2022年春の結果からわかったこと

2022年の春も、わたしの所属する部門から昇格試験(世間で言うところの管理職)を受験しました。

振り返ってみたい、と思います。

 

 

1.戦績

 

あまり具体的な話をして身バレするのは嫌なので、ぼかした言い方をしますと。

 

N人が受験し、N/2人くらいが受かりそうだな、と予想していたところ、(N/2)+1人が合格した、という結果でした。

 

つまりは、予想していたより多くの人数の合格を得られた、という結果でした。

 

 

2.今年の結果を振り返って見えてきたもの

 

今年の受験者全員に「面接でどんな質問が出て、どんな答えをしたか」を、面接直後にヒアリングしました。

 

質問内容は、受験者全員に共通していたもの(以前の記事)に書いたのとほぼ同じだったようです)、受験者それぞれで異なっているもの、様々でした。

受験者にあわせて質問を変えてきた面接官たち、なかなかやるじゃん。

 

 

soumu.hateblo.jp

 

 

そのヒアリング結果で、ほぼ合否がわかった感じでした。

 

合格してそうな受験者(そして結果そうだった)たちに共通していたのは、広さと深さです。

 

深さ

ひとつの分野やジャンルをきわめていく中で見えてくる本質的な課題、アイデア、問題意識。

そういったものをしっかりとらえていました。

ふだんはそんな様子を見せない社員たちでしたが、

「しっかり考えてんじゃん!」

と思わせるものでした。

「だったら普段から、その問題意識を行動に移してくれよ」と言いたくなるのも本音ですが、なかなかどうして。

 

広さ

平時は自分の部署の仕事、そことつながっている部署との関係にエネルギーを使っている彼ら彼女らにも、より広い範囲に関心、問題意識を感じており、それが単に文句というレベルから、部門全体あるいは会社全体、業界全体の先を見据えたものをもっていました。

 

 

3.昇格試験の面接の本質

 

昇格試験、特に面接における本質の一面は、

 

経営層が、会社の課題を果敢に攻め、部下を率いてチャレンジしていく仲間を探しに来る場

 

だと、わたしは思っています。

そういう意味で、今年の合格者は、経営層が

「こいつらだったら、我々経営層と一緒になって向かっていけるだろう」

と感じさせた、ということだったのでしょう。

 

 

 

個人的にうれしかったのは、合格者・不合格者ともに、面接を終えたあとの眼力(めぢから)が変わったということです。

もちろん、受験するからには合格がありがたいのですが、不合格であっても意識が変わるだけで大きな収穫です。

 

彼ら彼女らのこれからに、期待です。

 

 

 

 

転職活動してる人、頼むからコレくらい考えてくれ

中途採用の仕事してると、転職活動してる人にどうしても言いたいことがよく出てきます。

これを聞いとけば、あなたの好感度も少しは上がると思うので聞いてってください。

というか、普通の人はみんなやってることだとは思うんですけどね。

 

f:id:e-wave:20180128111335j:plain



 

採用試験(面接含む)は日中にしかやりません。

 

が、在職中の方が多いからなのかもしれませんが、試験の参加希望日時を聞くと、10人に1人くらいの割合で、

 

  • 平日:18時以降
  • 土日:何時でもOK

 

という方がおられます。

その希望に応じる親切な会社なら、別にいいです。

 

ただ、多くの会社は応じないですよ、きっと。

うちの会社も、基本は応じないです。

 

応じる会社があるとしたら、その会社は、採用の仕事してる社員(以外も含め)が残業ありき、の会社です。

好き好んで、どんな人物かもわからない応募者に、残業してまで採用の仕事はしないです。

少なくともわたしはしません。

 

「お前が甘いよ」

 

と言われればそうかもしれません。

 

ただ、うちはやりません。

 

志望度合いが高ければ、なんとか都合するでしょ。

 

 

 

 

 

というのは理想論だと思います。

現実的にも、たとえば1次面接を高評価で通過し、

「この応募者はどうしても採りたい」との判断が働き、「応募者の都合に合わせてでも、なんとかこの人材を確保」

となるようなケースもあります。

 

 

 

北新地の火事に関して個人的な話を:リワークプログラム

大阪、北新地での火事、大変な事故が起きてしまいました。

 

www.nikkansports.com

 

事故なのか、事件なのか。

放火なのか、殺人なのか。

今の時点(12月18日7時)では何もわかりませんが、個人的な話をします。

 

わたしはこの火事・事故について、被害者でもなければ被害者の関係者ではありません。加害者(と言われている人物)とも無関係です。

 

 

1.尊敬するわたしの師匠、臨床心理士

 

わたしの尊敬する人物のひとり、臨床心理士

(このブログでも他の記事で触れています)

 

彼の仕事でリワークもやっています。

企業に勤めていた人がメンタルヘルスで病気をした。会社を休んだ。

治療をして仕事に復帰できるようになった。

復帰にあたって、必要に応じてリワークプログラムを実施します。

 

厚生労働省の資料

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/101004-1.pdf

 

彼の開業は東京なので、今回の火事が起きたクリニックではないはずです。

しかしながら、この火事が報じられた際、「家事の当時はリワークプログラムが行なわれていた」とのことでした。

 

ビクッとしました。

 

 

2.心療内科でのとある通院

 

わたしはうつ、自律神経失調症、身体表現性障害との診断で心療内科、精神科に通院しています。

とある心療内科に通っていたときの話です。

(大阪ではありません)

 

待合室から診察室の医者と患者の会話はうっすらと聞こえます。

わたしの前に診察を受けていた患者。

最初は穏やかに話をしていたのですが、そのうち声が大きくなっていきました。

最後には、怒声というほどのレベルまで。

 

会話の内容まで詳しくは聞こえませんでしたが、

 

●●してんじゃねえよ!

なんでオレばっかり△△・・・

 

といった叫び声でした。

その患者は自分がしゃべりたいことをしゃべった後、ドアを乱暴に開け帰っていきました。

 

メンタル不全を起こした場合の様々なパターンについて、仕事としてある程度は学んでいたこともあって、こういうことはありうるだろう、とわかってはいたつもりでした。

が、驚きがあったのは否めません。

 

その患者の直後の診察がわたしで、医者からは

 

先ほどは申し訳なかったですね。

あんなに激昂する人ではないんですけどね。

 

 

と説明がありました。落ち着いておられました。

 

 

北新地の火事のニュースの第2報で、放火の可能性が報じられました。

精神的に乱れている状態にあった人物が、こういったことをする、という可能性も十分感じられるなあ、とわたし自分の経験から思ったのです。

 

被害者がどんな人たちなのか。

加害者と言われている人物は危険な状態にあるとのこと。

医者に連絡が取れていないとも言われています。

 

 

 

犯人が誰かなどわかりませんし、勝手に推測するのはよくありません。

ただ、恐ろしい火事のニュースをきいて、以上の個人的な事情をお伝えしたかった次第です。

 

 

【追記】2021/12/19

北新地がどうだったか、は知りません。

わたしの経験からも、リワークプログラムという仰々しいネーミングで語るほどの経験はなく、病欠から復帰する従業員のサポート、フォローくらいしかなく、精神科医産業医、労働行政といっしょになって職場復帰に対応するというレベルのことは経験ありません。

 

ただ、上掲した、わたしの尊敬する臨床心理士から聞くエピソード(もちろん、個人情報はなく、匿名での話です。わたしの労務のしごと上の参考という程度での情報提供です)や彼に関する著書などから知る範囲では、壮絶なレベルの患者もいるということは知っています。リストカットを何度も経験している患者をサポートする、といった臨床心理士心療内科医、精神科医、それらをサポートするスタッフの方々の仕事には、ほんと頭が下がります。

 

2021/12/19未明に死亡が確認された歌手についても、相当思いつめた事情があったのかもしれません。

しかし、助けを求める行動まで頭が働かなかったのでしょうか。周囲はそれに気づかなかったのでしょうか。

メンタルヘルスは「4つのケア」です。

 

  • 自分自身によるケア
  • 職制によるケア
  • 労務・健康管理部門によるケア
  • 外部機能(医療機関等)によるケア

 

自分自身が自分に注意をはかり、周囲もウォッチする。

言うは易く行うは難し、ですけど。

 

 

 

 

 

V-CAT、お試し練習だけであっても暴いてしまう適性検査の機能

わたしの仕事には、V-CATがよく登場します。

採用試験、登用(昇格)試験。

 

f:id:e-wave:20181013112718j:plain

 

企業によっては、来春に向けてそろそろ昇格試験がスタートする時期ではないか、と思います。

過去に実際あった出来事をここに、受験される方々、試験合否を判断される方々の参考になれば、ということでご紹介します。

 

 

 

1.まさか、あの優秀社員が・・・

 

管理職昇格試験を受験予定の社員を集め、事前に勉強会を開きました。

その際、V-CAT試験も体験ということでやってみました。

分析はしないけど、やったことない社員にとっては50分ほど集中する作業を体験するだけでも、無いよりはいいってことで。

 

その結果を見たところ、とある社員の作業結果がとても悪かったのです。

計算違いはあるわ、作業量は少ないわ、で。

その社員の日頃の仕事ぶりから想像できない結果だったので、不思議、なにかおかしいと感じました。

 

とはいえ、V-CATに作戦はない

さて、どうするか。

 

 

2.過去の経験があらわに

 

最低限でも、わたしが感じたことをその社員に伝えることにしました。

 

「あなたの検査結果をみさせていただいた。V-CATという適性検査の性格上、事前に言っていいわけではなく、効果があるわけではないんだけど。あなたの仕事ぶりからすると、計算間違いが多かったり、計算の量もさほど多くはなかった。V-CAT試験は初めてだった? 昔、クレペリン(内田・クレペリン精神検査)というのもあったけど」

 

彼はわたしの言葉をききながらウンウンとうなづいていました。

 

「実は、クレペリンを受けたことがあるんです」

 

以前、職掌転換(仕事の種類が変わる)の際にクレペリンを受験したことがあり、その結果があまり良くなく、さらにはその結果を公にさらされたという経験があったんだそうです。

その経験から、クレペリンには抵抗感、アレルギーのようなものをいだくこととなり、今回の“ほぼほぼクレペリン”のV-CATにもそういう結果が出てしまったようです。

 

なるほど、そういうことでもない限り、あの社員にこんな結果が出るはずはない。逆に言うと、事前練習でそんなことも明らかにするV-CAT(今回の場合はクレペリンとも言える)の検査のポテンシャルに感じ入った次第。

 

 

3.果たして、結果は

 

さあ、この社員の昇格試験の結果はどうだったでしょうか。

次の記事をご期待あれ。

 

 

今回の教訓

V-CAT(V-CATに限らず、試験結果やセンシティブな情報)は公にしてはダメ

V-CAT(その前身の内田・精神クレペリン検査も)は、いろいろと暴く可能性が高い

 

 

 

 

soumu.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

拝啓 自民党総裁、第100代総理大臣殿

拝啓 第100代 自民党総裁 岸田文雄

 

f:id:e-wave:20211005174830j:plain

岸田文雄



 

自民党総裁、そして総理大臣就任、おめでとうございます。

 

わたしは自民党議員でも、自民党員でも、自民党ファンでもございませんが、ほんの数回お目にかかった岸田さんがそのお立場になられることになり、ご挨拶申し上げたく筆をとりたくなった次第です。

 

 

誠実な人柄

 

広島の選挙区から立候補され当選、広島を大事にされましたね。

その広島で催されている会合で数回、お顔を拝見いたしました。

 

国会議員となるとお忙しく、最初の乾杯だけでお帰りになってましたね。

でもキッチリご挨拶をされてました。

わたしも、グラスをあわせ乾杯させていただきました。

外務大臣時代はよほどご多忙だったのか、秘書の方のみが広島の会合に駆けつけておられました。

 

ある年は、嫌な思いをされましたね。

司会進行が、単純なミスだったと思いますが、いつも岸田さん→県会議員→市会議員の順番だった冒頭挨拶。岸田さんよりも県会議員さんの挨拶を先にされました。

周囲がざわざわし、司会に「岸田先生が先・・・」と口添えされ「岸田先生、失礼しました」と。

でも、岸田さんは嫌な顔ひとつなさらず、穏やかにご挨拶されました。

自民党は、現在は野党でございますから・・・」

と自虐的なお話で周囲を笑わせる余裕もお持ちでした。

 

そんな誠実な人柄ですから、これからの政治、政権運営もきっとキッチリなさることでしょう。

「聞くことが得意」

とのこと。

それまでは、聞くことも制限し、聞かれたことに答えもせず、自分の言いたいことだけを言って会見を終わる、そんな首長が続き、国民からの信頼をすっかり失ってしまった自民党

自民党はどうなってもいい(わたしの個人的な見解です)ですが、日本国民のためにしっかりコミュニケーションをはかっていただきたいと思います。

 

 

バランスを保ちたいのでしょうが

 

発足した岸田内閣。

岸田さんらしさも出ているように感じられる点も無きにしもあらず、ですが、バランスを保ちたいのでしょうか、苦々しい人選も感じられます。

 

副総裁、幹事長・・・。

 

国民の声をしっかり聞くことをやりたいのなら、前政権・前前政権からの宿題、

などなどをしっかり調べていただきたいと思います。

また、

についてもしっかり説明してください。

てか、拒否をやめてください。

 

説明と言えば、幹事長にも説明責任を果たすよう、指示してください。

でないと、短命に終わるかもしれませんよ、岸田内閣。

 

ほら、やっぱり同じように思ってる人がいますよ。

 

あ、それと1.5億円問題。

ご自身が苦しまれた案件、むしろ岸田さんは被害者。

こちらもしっかりご対応をお願いします。

ほら早速、身内からも。

news.yahoo.co.jp

 

 

 

酒豪らしいですね

 

酒豪らしいですね。

飲んでいただくことは構わないのですが、赤坂自民亭のようなことはお辞めいただきたい。

リンク先の写真、ど真ん中に構えてらっしゃるじゃないですか・・・。

 

www.asahi.com

 

 

 

 

この記事は、自民党礼賛ではなく、岸田さんを少しだけ知ってる、ひとりの普通のサラリーパーソンの、岸田さんへの期待です。

どちらかといえば、アンチ自民党です。

 

が、岸田さん、広島のお好み焼きがお好きだそうですね。

それはわたしと同じ価値観です。

 

 

広島のお好み焼き(広島の人は、わざわざ「広島のお好み焼き」とは言わず、「お好み焼き」が広島のお好み焼きのことですけどね)の総本山と言われ、何回も食べにいったみっちゃんが好きです。

 

 

 

 

広島を知るためのバイブルじゃけ、岸田を、広島を知りたいなら読め。